読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説の集い「のべらっくす」

月1で出題されるお題に沿って短編小説を書く企画です。

【第18回】短編小説の集い 総評

 お待たせしました。今月の総評です。

 

f:id:zeromoon0:20160219092142p:plain

 

〇今月は全部で5作品と、最近の傾向より少し多くの参加ということで少し嬉しい主催者です。しかも鳥のモチーフもほどよくバラエティで、「これぞ多様性」という感じが春の花が咲き乱れるようでよかったです。

 

〇鳥って言うのは犬や猫と同じくらい人間に馴染みのある生き物です。空を飛べると言う点から神性を与えられていたり、オウムや九官鳥など声真似をする鳥は人間とコミュニケーションがとれるとやはり特別扱いされました。また「かごの鳥」という言葉のとおり、鳥には「自由」というイメージが付きまといます。今回の作品にもそのような「鳥」の持つ記号を存分に引き出せたものが多く見られました。

 

〇今回良かったと思ったのが、上記のとおり鳥と言うのは「観念的」に存在できてしまうものなのですが皆さんの作品からはきちんと現物の「鳥」を物語に登場させてそこから物語を展開させていたことですね。テーマを観念的に捉えてしまって物語に「モチーフ」が登場しないというのもアリと言えばアリなのですが、できれば現物を登場させたうえで「モチーフ」であることを印象付けられたらよいのかなぁと思います。

 

〇全体的に今回は非常に安定したまとまりになったと思います。それでは、次のお題でお会いしましょう。今後の方針は、別記事にまとめておきます。

 

novelcluster.hatenablog.jp

 

 

 【主催者の感想】

tigtig8.hatenablog.com


 はじめましてこんにちは。「かごの鳥」をイメージにカラフルな鳥とモノトーンな病室の対比がよい感じだと思いました。前半は「鳥カフェ」の様子を丁寧に描写することで作品の世界に入りやすく、後半は主人公の心情をメインにお話を作り上げて完結させています。何より「お話としてまとまる」ことが大事だと思うので、安心して読めました。欲を言えば、前半は「きれいな鳥の世界」のみをとことん客観的に描写して、後半数行で主人公の境遇を一気に読者に明かすことでより落差が激しくなるかなと思いました。これは個人の好みです。すみません。

 

3/10 追加

diary.sweetberry.jp

 

 毎月参加ありがとうございます。今月もクトゥルフ系譜からのお話ですが、クトゥルフにこだわらないでもスっと読めるお話が出来ていると思います。短い時間で構成や執筆をしたということで、ギュっと詰まったスキルが生かされたのではないかと思います。「脱出」というシンプルなストーリーに「金色の鳥」というアイテムが加わって、全体的なまとまりがあると感じました。短い時間で大変だったと思いますが、謎の部族の様子もあると更に神秘的になるなぁと思います。

 

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 逆ペットロスのお話と言うことですが、実際の社会問題でも世話をする人がいなくなって行き場のない動物が増えているとのことです。そんな背景も踏まえつつ女子中学生をメインに持ってきたのはまさりんさんの幅が広がって素敵だなぁと思っています。このまま女性の心理を頑張って書いてもらいたいです。振り返りで「居場所」を考えてあげるとありましたが、そこはまさりんさんの優しいところでキャラクターや物語に対して誠実だと感じました。また「逆ペットロス」と言えば「いつでも会える」が思い浮かぶのですが、断片的にコミュニケーションが取れたと思うオウムではまた違った対応があったと思いました。人間の言葉を喋るロボットも似たような感じになるんですかね。

 

いつでも会える

いつでも会える

 

 

 

※以降、振り返りや感想がこちらのブログで言及され次第感想を追加していきます。

 

おまけ

nerumae.hateblo.jp