読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説の集い「のべらっくす」

こちらでの募集は休止になりました。今までありがとうございました。

【短編小説の集い】初心者のための「はてなブログ」活用法

 「のべらっくす」のためにはてなブログを始める方が増えましたので、はてなサービスなどを交えて「のべらっくす」を楽しむためのシステムを少し紹介しておきます。

 

 

はてなスター

 気軽な「イイネ!」のようなものです。はてなブログでは記事の下に設置されていて、「デザイン」→「カスタマイズ」→「記事」で設置の有無が変更できます。

 

f:id:zeromoon0:20150607160010p:plain

 

 これは第0回の「心に残った作品」記事のはてなスターです。画像の黄色い星のアイコンをひとつポチっと押すとスターがひとつ付きます。気に入った記事には何度でもスターをつけることが出来ます。たまに100回ほど押していく人もいますが、あまり連打しすぎるとウザいのでほどほどにしておきましょう。

 

 そしてスターにはランクがあって、黄色のスターは無料でつけることが出来ます。画像にある通り、緑や赤のカラースターも存在します。これは原則有料になるので特別な意味があるということです。

 

 更に「引用スター」と言って、PC上で気に入った文面をドラッグしたままスターを押すと、その文面が強調されたスターをつけることができます。慣れたら使ってみましょう。

 

 とても気に入ったのでスターを押したり既読の意味でスターをつけたりと人によって使い方は様々です。はてなブログではスターだけの関係も気軽でいい感じですので、いろんなブログにスターを贈ってみましょう。

 

はてなブックマーク

 この機能が慣れるまでクセのある機能かと思います。「のべらっくす」以外にもいろいろ使えそうなので少し丁寧に紹介します。

 

 はてなブックマークとは簡単に言えばネットのブックマークをソーシャルに共有するサービスです。

 

はてなブックマークって? - はてなブックマーク

  

f:id:zeromoon0:20150607162039p:plain

 

 この「34users」というのはこの記事に34のアカウントがブックマークをしているという印です。このピンクの数字か、またははてなスター欄の下の「B!」マークをクリックするとこういうページに飛びます。

 

はてなブックマーク - 【第0回】短編小説の集い 心に残る作品10選 - Novel Cluster 's on the Star!

 

 ここにコメントを残すことでもブログ主にコメントを届けることができます。このブックマークの便利な点は、他のSNSと連携できるところです。例えばブックマークコメントとTwitterを連携させれば、コメントとそのページのURLを一緒にTwitterで拡散させることができます。また、コメントは任意で記入なのでコメントなしでもブックマークすることができます。

 

 このブックマークははてなブログだけでなく、ネット上の様々なページにつけることが可能です。「短編小説の集い」だけでなく、創作のネタになりそうなページにブックマークをしたり、気になるニュースを後で読むのにブックマークしたりといろいろな使い方ができます。スターよりも幅の広い使い方が出来ますのでご活用ください。はてなブックマークのトップページに行くと、話題のニュースなどを知ることもできます。

 

はてなブックマーク

 

 たくさんの人が「良い記事だ」と思ってブックマークがたまると、このようなトップページに掲載されることもあります。もちろん「悪い記事だ」という認定でブックマークを集めることもあるので、情報の流れにはしっかり気を配りましょう。

 

 なおよくブックマークされている「増田」という記事は「はてな匿名ダイアリー(アノニマスダイアリー)」のことです。このページを初めて眺めたとき誰でも疑問に思う部分だと思ったので先にここに記しておきます。

 

ブログの用語

【通知】

 はてなアカウントを持っていると、こんな風に右上の吹き出しに赤い丸で数字がぺかっと出ていることがあります。これが「通知」です。

 

f:id:zeromoon0:20150612120042p:plain

 

 主に「スターが付けられた時」「記事にブックマークが付いた時」「自分のブログ記事が他のブログに取り上げられた時」「idコールが行われた時(後述)」などに通知が来ます。最近では月のアクセス数が100、1000、10000などに到達した時も通知が来るようになりました。

【言及】

 特に「自分のブログ記事が他のブログに取り上げられた時」をはてなブログでは「言及」と呼びます。言及と言うと少し怖い感じもしますが、単に記事にリンクを貼ったということなので「短編小説の集い」の中ではあまり構えなくて大丈夫です。

 

f:id:zeromoon0:20150612121313p:plain

 

 アクセス解析欄の下に「言及の一覧」という項目があり、ここで自分のブログ記事がどのはてなブログで取り上げられているかを確認することが出来ます。また、「短編小説の集い」はこの言及システムによって成り立っているので、参加される際は「のべらっくす」の記事URLを記事内に必ず入れてくださいね。

 

 ちなみに記事URLをコピー&ペーストするだけで下記のように立派な埋め込みをしてくれるので、活用してみましょう。

 

novelcluster.hatenablog.jp

 

idコール

 これははてなサービス全体で使えるシステムです。記事内やブックマークコメント内で「id:アカウント」の文字列を入れると、それだけで相手に通知が行きます。特定の個人を呼び出したいときに非常に便利なシステムですが、他のSNSと同じであまり知らない人を呼び出すのも失礼なのではてなのサービスに慣れるまでは使わないほうが吉かと思われます。

 

その他留意事項

 はてなのサービスは全体的に交流を目的とするというよりは、意見のある個人がゆるやかにつながると言うSNSの要素があります。そのため、自身のブログの閲覧数をあげるためだけの行為はあまり良しとされません。例えば特定のブログのみでブックマークコメントをつけ合って人気ページになることや、自分の記事の宣伝のためにスターやブックマークをつけていく行為などは内輪以外の人から見ると好ましいことではありません。基本的に常識の範囲内であれば怖いことはないので、ハメを外さないようにしましょう。

 

 また、そんな場所なので独自のコミュニティが存在します。「どこどこの有名ブロガーの誰さんが変なことを言った、やった」とかそういう話題が目につく場所に頻繁に上がりますが、あまり知らない人のスキャンダルには首を突っ込まないのが吉です。正義感丸出しでそういう修羅場に飛び込んで行って帰ってこなかった人がこの世界にはたくさんいます。しかしこちらから出向かなければ、怖いものは特にありません。

 

 もうひとつ、ブックマークを専門に行っている人の中には非常に辛辣なコメントをつけて回る人も存在します。仮にそういう人に「短編小説の集い」で遭遇しても、一昔前でいう「荒らし」にあったと思って、基本相手にしないほうがいいでしょう。もしどうしても気になる場合は主催者(id:zeromoon0)に相談してください。ちなみに企画の外でそういう目にあった場合はちょっと対処できかねますのでご了承ください。でも話くらいは聞きます。

 

 もちろん全て基本的に常識の範囲内で行動をすれば、何も恐れるものはありません。ただ、上記のような面倒くさいところが他のSNSより少し強いのがはてなの特徴です。基本は自分の書きたい小説を書いて発表する場としていれば特に問題はないので安心してください。

 

 

 以上で大まかな「はてなブログ」の話はおしまいです。「短編小説の集い」は毎月20日深夜にお題発表、月末締切というペースで開催されています。興味のあるとき、時間のあるときなどにのんびり参加するくらいがちょうどいいので、今後とも「短編小説の集い」をよろしくお願いいたします。

 

 

※何か運営に関してご質問等ございましたら、気軽にコメント欄で尋ねてください。