読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説の集い「のべらっくす」

こちらでの募集は休止になりました。今までありがとうございました。

【第0回】短編小説の集いに関する補足

 紳士淑女の皆様、涼しい風が吹いてまいりましてお風邪など召されていませんか? 

 本日は先日のお話の補足にまいりました。

 

【第0回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - Novel Cluster 's on the Star!

 

 まだ募集を始めたばかりであるのに、既に応募が数点ありましてありがたい限りです。しかし補足が必要な点があると思い、改めて細かい点を説明します。

 

【応募方法について】

 はてなブログをお持ちの方は募集要項の記事のURLを記事内に入れてリンクさせていただければOKです。ダイアリーからの参加方法は以下の通りです。わかりやすいほうで構いません。

 

1.募集要項記事のコメント欄に投稿する記事のURLを貼って頂く。

2.投稿した記事内の青い「B!」マークをクリック、ブックマークコメント欄に「id:zeromoon0 」の文字列を記入します。その後に「書きました!」とか「ここが読みどころ!」などコメントされても構いません。その後下の「追加」ボタンを押せば通知が届く仕組みです。

 

 今回は試運転のため、どちらでも構わないのですがやり方によってはどちらかに統一するかもしれません。

 

【作品発表について】

 いくつか応募作品数がまとまり次第、随時ブログ内で作品のURLを公開していきます。とりあえず応募開始から1週間後に「現在の状況」として出そうとは思っています。予想より多い応募数が来たときは前倒しするかもしれません。

 

【規定違反の作品について】

 やはり「何でもアリ」にしてしまうとよくないと思うので、応募要項に載せた規定を2つ以上守れていないものは失格として作品URLの紹介はしない方向で行こうと思います。1つでも守れていないものはどんなに内容が素晴らしくても「規定外」として評価しますのでご了承ください。

 

【三人称の小説とは】

 単純に言えば、「僕は」「私が」が主語にならない小説です。第三者の視点に立って物事を捉える文章を書きましょう。

 

一人称の例

 僕は怒った。クラスの委員長を決めるのにくじで決めることに賛成していたくせに藤森君が「野田にやらせようぜ」なんて言うから押し付けて面白がっているに違いない。

 

三人称の例

 クラスの委員長を決めるのに、最初は皆が嫌がったのでくじ引きで決めることになった。しかし、突然藤森が「野田にやらせようぜ」と言い始めた。「くじで決めると言ったのに急に指名をするのはおかしい」と野田は反発した。「でもくじで決めようって言ったのは野田じゃないか。そういう人が委員長がいいと思う」と藤森は言ったが、野田は藤森の言うことを聞いていなかった。

 

【夢小説、二次創作などについて】

 規定違反ではありませんが、募集要項にも書いた通り客観的な描写を求めているので、これらの作品形態はその文体の性質上どうしても客観的な文章が書きにくくなると思います。また、多くの人の目に作品を見てもらい感想をもらう場になると思うので、あまりにも度を越した「はっきり言って妄想を並べてみたレベル」のものはご遠慮いただく可能性があります。この企画を楽しみにしている方はみな漫画やアニメに詳しいわけではありません。

 

 あと、できればオリジナルで勝負してもらいたいなぁ。一から世界を構築する喜びを知ってもらいたいなぁ、というのが運営者の願いです。ただの願いです。

 

【パクリについて】

  まさかとは思いますがパクリなんていうことがばれた時点で大変なことになりますので絶対やめてください。運営者は責任をとりません。だけど、応募される皆さんがそんな野蛮なことをするはずがないと信じています。

 

 

 以上、質問があがりそうな項目を整理しました。何かありましたらお問い合わせください。