【第28回】短編小説の集い「桜の季節」 総評

最後の総評です。今まで応援ありがとうございました。 〇やはり「桜」というと咲いて散ってというイメージから「生と死」に結びつきやすい。日本には四季があり、一度冬になって死んだような景色もまた春に再生する。その境目に存在する梅や桜などは昔から愛でられ、再生の象徴になったわけです。更に卒業式入学式シーズン…