短編小説の集い「のべらっくす」

こちらでの募集は休止になりました。今までありがとうございました。

【第25回】短編小説の集い「病」 振り返りまとめ

 振り返りまとめです。どんどん振り返りましょう。

 

f:id:zeromoon0:20161031132035p:plain

 

novels.hatenadiary.com

 

135.hateblo.jp

 

syousetu.hatenadiary.com

 

masarin-m.hatenablog.com

 

diary.sweetberry.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

author-town.hatenablog.jp

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 

 

※記事は随時追加していきます。

 

 

【第25回】短編小説の集い「病」 総評

 お待たせしました、今月の総評です。

 

f:id:zeromoon0:20161031132035p:plain

 

〇テーマを「病」にしたとき、最初の懸念は「精神病んだ系が集まったらどうしよう」だった。そういうわけで要項に「なるべく身体の病を書こう」と明記しておいたのだけれど、ふたを開けてみれば「草津の湯でも治せない病」のお話が多くてやっぱりやってみないとわからないところはあるよなぁと思った。

 

〇主催者の個人的な「病」のイメージですが、身体の調子が悪くなると心にも影響が出て視野狭窄と言うかそういうのに苦しむイメージなのです。それで話がよくもわるくも転がっていくというか、そんな感じです。今回「キュンキュンしたい」という言葉がいくつか見られたのでキュンキュンできるシチュエーションですと、例えば風邪をひいて熱を出した相手の家に看病しに行くというものや、それこそ一昔前に流行った不治の病でもう少しだけ……みたいなのもあります。どっちもベタすぎて倦厭されたのでしょうか。

 

〇今月は結構作品が集まった。閉店セールをしたからなのか、そうでないのかはよくわからない。ただ閉店セールをすると閉店セールをし続けることになるので閉店セールの看板を下げてガクッと集まらないようになった時は、本当にオワコンにするべきなのかもしれない。この企画は「続けること」というのもひとつの主旨なので、単発で「アー楽しかった!」で終わるのではなく「次はどうやって生かしていこうか」を考える場にしてもらいたいなぁと思うのです。

 

〇自身の振り返りをする暇があるかどうかわからないのでここで少し解説をすると、今回のコンセプトは視野の狭さとその原因です。私たちにとっての「普通」は一方から見ると普通ではなく、とても異質なものに見えるのです。「私は悪くない」と開き直って他人を傷つけ続ける人の視点にもならないと事象全体は見えにくいですね。あと太ったコーギーを散歩させている人をしばしば見かけるので、こんな話になりました。生きていく知恵や生活習慣を身に着けさせないのもある意味子供によくないと思います。

 

〇以下初回参加者とあらかじめ感想を頂いている方の主催者からの感想です。初めて参加された方が多く、ある意味新鮮な気分です。感想を書いてもらえるとみなさん喜ぶと思いますので、初回の方でもできたら感想も書いてほしいと思います。

 

【感想】

135.hateblo.jp

 

 いわゆる腱鞘炎から主治医に恋をするまでの話ですね。振り返りなどで「もっとドロドロしたのが書きたい」とおっしゃっていますが、これでも十分医師視点で見れば怖い話だと思います。「恋は盲目」のとおり、彼女の頭の中にいるのは「彼女の頭の中の主治医」であって、現実の等身大の主治医ではないのですから……この後、彼女がどうなるかはなんとなーく恐ろしい感じだなぁというのが第一印象です。あとオチが読めてしまうので「約一年前」のシーンから始まって、それから唐突に「好きだ」と気づく場面があったほうがドラマチックになるかなぁと思いました。

 

www.logosuemo.com

 

 初めましてこんにちは。新人類の誕生とその衰亡に纏わるお話ですね。熟考する時間がないとのことでしたが、同期できる脳をもった新人類と言う世界はとても面白いです。少し違いますが『攻殻機動隊』や『サトラレ』に通じるものを感じました。そこで、今度は人物を一人決めてその人の心情を中心にクローズアップされるような物語の進め方にされると更に小説っぽくなると思います。今回ですと、例えば神代の内面を描くことで新人類としての苦悩や決断の過程がわかるとシンクロンという存在の悲哀と彼の決断の滑稽さがぐっと浮き上がってくると思います。

 

noeloop.hatenablog.com

 

 初めましてこんにちは。友達二人のかけあいの話ですね。確かに「書きたいものをザザーッっと書いた」感じがしました。書きたいものがたくさんあると、何から書いていいかわからないんですよね。わかります。次回参加されるのであれば、お話を完結させることを目的にされると良いかと思います。今回の場合、できれば委員長に告白をするところまで進めると会話劇ではなくグッと小説らしくなると思います。コメディ色を気にされていましたが、実際に自分でキャラクターの通りに独り芝居をされると良いかと思います。自分で動ける範囲での描写にするとリアリティが増します。それにしても自分の頭の中のものが形になったときの嬉しさは大きいですよね。その楽しさのおすそ分けをこれからも期待します。

 

syousetu.hatenadiary.com

 

 仮面をかぶってしまった少年のお話ですね。かなり文章が安定されています。展開も無理がなく、問題解決までの流れも自然でひとりの少年の成長譚としてよいと思いました。欲を言ってしまうと、迫田サイドのストーリーがあると更に人間臭い話になって面白いかなと思います。子供の目から断片的に語られるだけではなく、当時は周囲からどんな評価を受けていたのか非常に気になります。仕事の出来ない奴ならただの最低野郎ですし、出来ると言う評判であるならかなりひどいモラハラ野郎ですね。この場合後者だと更に無理のない展開になるかなぁと思います。惜しいところはやはり「演劇病」という言葉がなくてもこの話が成立してしまうと言うことですね。大げさに風邪をひいて困っているシーンなどがあるとよかったような気がします。

 

novels.hatenadiary.com

 

 ある意味社会の理不尽の話ですね。主軸は善悪の置き場所だと思うのですが、書きたいことがたくさんありすぎて焦点がぼやけてしまっている気がします。世界残酷物語がしたいのか、仇討の正当性を説きたいのかが混在しているので加奈子のキャラクターが浮いてこないのかもしれないです。性行為や残酷な描写はあってもよいと思うのですが、「ただそういうシーンが書きたかったんだな」という印象になってしまいがちなので物語の必然性を考えて場面を絞るとよいと思います。例えば前半で登場した拒食症の女など、小道具ではなく彼女の思考に変化を与える存在などにすれば物語らしくなります。

 

author-town.hatenablog.jp

 

 初めましてこんにちは。まず、タイトルがとってもいいです。全部読んでわかることですが、この「病気」というのは「理解できない」という意味もかかっていると解釈しました。亡くなった父の背中を見て同じ道を歩いている主人公を見て、妻は「ぜんそく」という意味と「小説なんて酔狂なことを」という意味で病を抱えて執筆を続ける主人公を冷ややかに見ています。このダブルミーニングがいいですね。また入れ子構造が唐突だったので、主人公に「これから執筆をしよう」「前回は吉川がこんなことをやっていたと思い出した」「この先の展開をどうしよう」などとつぶやかせるだけで読者もスッと劇中劇を楽しむことが出来ると思います。

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 毎度ありがとうございます。舞台は病院内だけの小さな世界ですが、世界中の写真を撮る話など決してスケールが小さいわけではない世界がいいですね。そしてまさりんさんの風景描写力がよく出ていると思いました。入院中に一緒になった小杉さんの人となりが主人公の視点で語られていくのですが、エピソードが説明に偏ることなく病院関係者などの心情も無理のない範囲で描かれていて、安定感があります。ひと波乱起こすのであれば、主人公を観察者に徹しさせるのではなくあえて小杉さんと反発するような性格の持ち主にしてやると面白くなるかなとは思います。

 

diary.sweetberry.jp

 

 毎度ありがとうございます。今月は謎解き要素がありますね。その上で正直な感想を述べますと、オチで割と拍子抜けしてしまいました。おそらく前段のおどろおどろしい雰囲気が途中で抜けて、ラストはその余韻がなかったことになってしまったからだと思います。あとは「恋する女の子」のリアリティを動悸だけに頼ってしまったことで読者から見ても「ただの病気」にしか見えなかったのもあるかもしれません。少しでも冒頭に実際の肝試しの現場の描写があると登場人物がわかりやすくなり、オチが引き締まると思います。

 

※感想は記事を確認次第随時追加していきます。

【第26回】短編小説の集いのお知らせと募集要項(※必読)

 世俗のしがらみや承認欲求に疲れた紳士淑女の皆様、ようこそいらっしゃいました。ここでは目の前の純粋な表現だけを追究して楽しみましょう。

 

※度重なるルール改定のため募集要項を新しくしました。常連の方も再度ご一読ください。

 

f:id:zeromoon0:20161201011105p:plain

【企画概要】

 短編小説を各ブログにアップしてもらい、このブログでまとめます。その後主催者が総評を行い、参加者同士で任意に自身の作品の振り返りや他の参加者の感想などもまとめていきます。

 

【企画の目的】

 普段より「小説を書いてみたい」と思っている方は多いと思います。しかし「どうやって書いたらいいのかわからない」「下手くそで恥ずかしい」「書いても見せる人がいない」などの理由でチャレンジすることをためらう方もいるのではないでしょうか。この企画ではそんな「書いてみたい」という気持ちをとりあえずぶつける場所を設けることを目的としています。下手でも構いませんし、初めての人は大歓迎です。更に他の参加者の作品を読んで感想を書くことでスキルアップも果たすことが出来ます。

 

【参加方法】

1 はてなブログから参加する方法

 この募集要項の記事のURLをそのまま記事に記載してください。リンクを貼ることで自動的に主催者に通知が届きます。また、「作品一覧に掲載されるのは恥ずかしいけど参加はしてみたい」という方はお題機能を活用してください。お題機能のみで通知が届いた作品に関しては作品一覧や主催者の感想の対象外になります。

 

お題「短編小説の集い「師走2016」」 - はてなブログ

 

2 はてなブログ以外から参加する方法

 この募集要項の記事のコメント欄に参加する旨と作品を載せた記事のURLを記入してコメントしてください。参加表明のみのコメントは原則非公開にしますが、確認はしていますので安心してください。企画自体についてのコメントなどは公開します。

 また、はてな匿名ダイアリーなどの匿名掲示板やTwitterなどミニブログカクヨムなどの小説投稿サイトからの参加はご遠慮いただいております。その他企画に沿わないと判断した応募も掲載しない場合もあります。詳しくは追加ルールに関する記事をご覧ください。

 

【募集要項・規定】

 以下の規定に沿った短編小説を募集します。

 字数制限は5000字以内とさせていただきます。原稿用紙10枚程度の文量でお願いします。人称の縛りは原則ありませんが、できれば三人称の文体で書くことを推奨します。

※三人称を推奨する理由※

 誰が見ても解釈の違いが出ない描写、とここでは定義します。例えば「この味噌汁はおいしそうだ」というのは個人の経験や味覚によって差異が生じますが、「この味噌汁はわかめと豆腐が入っている」というのは誰が見ても変わりません。主観を取り除いて事実を過不足なく伝えることを目標にしてみてください。主に感情に起因する表現(楽しい、嬉しいなど)や比喩表現などを控えた表現を心がけると言うことです。基礎的な文章の力をあげるために、物語や登場人物の性格などを考慮しない純粋な「文章」のみで表現し伝えることを目的に文章を書くことで、全体的な観察力や表現技術が向上すると考えます。

 

 

 また、クオリティの高いものを仕上げていただくために、原則「1人1編」にさせていただきたいと思います。出来ればひとつの作品を仕上げたら一晩おいて手を加えるなど、「作品」としての完成度を追求して頂けたらと思います。

 

 今月は毎年恒例のこちらのお題です。

 

「師走」

 

 12月にあるイベントに纏わる話を募集します。クリスマスや忘年会、年末年始を題材にした素敵なお話をよろしくお願いします。

 

【締切・評価方法】

 12月25日(日)深夜までの期間を投稿期間とします。締め切り厳守でお願いします。(投稿作品の一覧記事の作成は15日以降に更新させていただきます。)

 締め切り後5日~10日を目安に主催者から総評と初回参加者に限り個別の感想を載せた記事を作成します。なるべく頑張りますので気長にお待ちください。

 2回目以降の参加で感想を希望される方は、自身のブログで「自分の作品の振り返り」または「他の人の作品の感想」を書いてこのブログへ言及してから追加と言う形で感想を書きます。自分の作品で「こうすればよかった」という面や他の人の作品の良いところなどを記事にすることは非常に勉強になりますので、強くお勧めします。

 なおコメント欄やブコメで直接感想をつけるのは禁止ではありませんが、主催者に言及と言う形にならないので主催者からの感想の対象外とさせていただきます。また、ブクマが伸びると不要にピックアップされるはてブの性質上、このブログへの言及記事で感想を書くのが望ましいです。

 

【その他】

 初心者枠という制度があります。普段「小説なんて……」と言う人でもチャレンジすることに意義があるというのがこの企画の趣旨です。「この企画で初めて書きました!」という人も多いので恥ずかしがらずに参加しましょう。少しでも「やってみたい」と思うのであれば、まずは形にしてみましょう。この企画において「下手だから、わからないから参加できない」は禁句です!!!

 また、作品の感想をブログで書いてブックマークをするとカテゴリが「テクノロジー」に反映されるようです。各々気が付いたらブックマークページで「暮らし」か「エンタメ」などにカテゴリ変更してください。

 あと、できれば締切に余裕を持ってもらえると、とっても嬉しいです。そしてもし自分の作品が漏れているということであれば、遠慮なく連絡してくださって構いません。

 

 それでは、今回もみなさんの作品がたくさん読めることを期待しています。

 

はてなサービス初心者のための記事出来ました】

novelcluster.hatenablog.jp

 

【第25回】短編小説の集い 投稿作品一覧

 お待たせしました、今月の作品一覧です。

 

f:id:zeromoon0:20161031132035p:plain

 

135.hateblo.jp

 

www.logosuemo.com

 

noeloop.hatenablog.com

 

nogreenplace.hateblo.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

syousetu.hatenadiary.com

 

fnoithunder.hatenablog.com

 

novels.hatenadiary.com


 

masarin-m.hatenablog.com

 

author-town.hatenablog.jp

 

※募集は締め切りました。おつかれさまでした。

 

短編小説の集い・追加ルールです

 以前、運営予定について考えていた時に行ったアンケートで、以下のような結果が得られました。

 

 

 こちらの結果を考慮して、少なくない方が望んでいると言うことがわかったので試験的にはてなブログ以外からの参加を受け付けます。そのために新たな取り決めをしました。以下の通りです。

 

  1. はてなブログ以外のブログサービスから参加される方は、参加する旨と記事のURLを募集要項記事のコメント欄に記入してください。
  2. 原則参加表明のみのコメントは非公開になります。
  3. はてな匿名ダイアリーなど、匿名掲示板などからの参加は禁止です。
  4. 小説投稿サイト(小説家になろう、カクヨムなど)からの参加はご遠慮いただきます。
  5. Twitterなど短文のみの投稿サイトからの参加もご遠慮いただきます。
  6. その他、企画に沿わないと思われる応募に関して掲載しない場合もあります。

 

 4について、今の企画の軸である「作品を発表して、自分の反省や他の人の感想を書く」という点を考えたときに対応がしにくいという理由で現段階では参加対象に含めません。5について、140字小説や連ツイ小説というジャンルもありますが掲載時の扱いが難しくなることを考えてこのような形にしました。「Twitterで執筆したものをまとめて編集してブログで発表」という形は可とします。6について、たとえば要項の内容を大幅に無視した宣伝目的のみのURLなどが対象になります。

 

 このルールはこの記事が更新された時から適用になります。今月のテーマは「病」です。募集要項のルールを熟読の上、参加をお願いします。

 

novelcluster.hatenablog.jp

 

 また、来月のテーマは「師走」です。12月は年末年始と重なるため、締め切りが月末ではないのですがその代わりテーマが決まっているので「11月に間に合わないかも」と思われる方は12月にまつわるお話を今から温めておいて頂けると助かります。

 

 それでは、多くのみなさんの参加を楽しみにしています。

 

【第24回】短編小説の集い「実」 振り返りまとめ

 振り返り、感想お待ちしています。

 

f:id:zeromoon0:20160930235237j:plain

 

 

diary.sweetberry.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

masarin-m.hatenablog.com

 

※確認次第追加していきます。

【第24回】短編小説の集い「実」 総評

 大変抽象的で難しかったかもしれません。

 

f:id:zeromoon0:20160930235237j:plain

 

〇お話を書くほかにテーマの掘り下げというのも主催者が実は毎回楽しみにしていることです。以前「緑」をテーマにしたときに様々な緑のものを想起してもらったときは非常に楽しかったです。そして今回「実」も「できればいろんな意味でね!」なんて書いてしまったものだから集まらないのではないだろうかと不安になったのですが、最終的にまるく収まったようでよかったです。

 

〇見て楽しむのが「花」ならば、食べて楽しむのが「実」です。そして「花」は見てくれだけの役立たずの意味もあり、「実」には繁栄の意味も込められています。「花」もいつかテーマにしたいのですが更に抽象的になりそうなので先に「実」をテーマにしました。

 

〇そこを考慮してくださったおかげでしょうか、どれもしっかりとした文章でずっしりと実りのある内容になっていると思いました。よく「中身のない文章」などと言うのがあるのですが、やはり「これを書きたい」という軸がないとスカスカの文章になってしまうと思うのです。「これのこういうシーンを書きたい!」という思いで何かを書く人には敵いません。

 

〇来月は恒例の「師走」です。年末になるために締め切りがいつもより早くなりますが、その分テーマを先に発表しています。余裕のある方は今から考えておいてください。また、1月は「集い」はお休みして特別企画を実施する予定です。ルール変更もありますが、気軽に参加してください。お願いします。

 

感想

diary.sweetberry.jp

 

 毎回の参加&感想ありがとうございます。知恵の実といえばi-phoneで有名な会社ですね。禁断の果実にはブドウ説トマト説いろいろあるみたいですが、黄金のリンゴというのはやはり見栄えがしますね。非常に異質なもののように感じます。お話がうまくまとめられないということでしたが、読者に魅せたいのはどこかを意識するとよいのかなと思いました。例えば説明もなく冒頭いきなり自殺現場のシーンを入れて「何故彼女は死んだのだろう」と読者に思わせたり、調査の過程をかなり端折って洗脳シーンをじっくり書くなど、読者のつもりになって書くと書くのも楽しくなると思います。

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 先月に引き続き「生命とは何か」というテーマを感じました。八咫烏と案山子のコンビは第21回「時計」でも登場しましたね。全体的に人間の身勝手さと自然の理を対比させているのですが、単純に「自然良い!人間悪い!」になっていないと思いました。前半は人間が害虫を自分たちの所業で発生させておいて神頼みをする様子を描いてますが、後半では神たちが人間の狩りに対して自然サイドに肩入れをするかしないかという心情も描かれています。人間が山を切り崩してしまったのも八咫烏が「助けるか」と言ってしまったのも、同質の心情だと思うのです。そこで踏みとどまれるかどうか、それはこれからのことを考えている神と人間の視点の違いなんでしょうね。「実り=恵み」という視点もよかったです。

 

※後は振り返り記事などの確認次第追加していきます。