読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説の集い「のべらっくす」

開催期間が変更になりました。募集要項をお読みください。

【第20回】短編小説の集い 投稿作品一覧

投稿作品一覧

 お待たせしました、作品一覧記事です。

 

f:id:zeromoon0:20160428152331p:plain

 

diary.sweetberry.jp

 

※作品は随時追加していきます。

 

※なお、現在「マイお題」という機能が追加されたとのことで次回より実験的に運用できればなぁと思っております。ご意見などありましたらお願いします。

 

ユーザーが出題したお題で記事を書ける「マイお題」機能を追加しました(ガイドラインに関する追記あり) - はてなブログ開発ブログ

 

【第20回】短編小説の集いのお知らせと募集要項(※必読)

募集要項

 世俗のしがらみや承認欲求に疲れた紳士淑女の皆様、ようこそいらっしゃいました。ここでは目の前の純粋な表現だけを追究して楽しみましょう。

 

※開催期間が変更になっています。募集要項をよくご覧ください。

【連絡】短編小説の集いの今後の方針です。 - 短編小説の集い「のべらっくす」

 

f:id:zeromoon0:20160428152331p:plain

 【企画概要】

 短編小説を各ブログにアップしてもらい、このブログでまとめます。その後主催者が総評を行い、参加者同士で任意に自身の作品の振り返りや他の参加者の感想などもまとめていきます。

 

【企画の目的】

 はてなブログ内では「小説」をメインにしたブログが他のサービスより目立たず、せっかく情緒的な文章を書く人がいてもなかなか話題にならないので、ひとつ企画を立てることで小説の力っていうのを見せるのがひとつです。ほかに文章力を身に着けたい! と思っても「読者がいない!」とか「自分の文章はどうおかしいのかわからない!」という人が客観的に自己の文章を見直すきっかけになればと思います。

 

【参加条件・参加方法】

 はてなブログはてなダイアリーからの投稿に限らせていただきます。
はてな匿名ダイアリーからは受け付けません!)


 はてなブログをお持ちの方はこの記事のURLを投稿する記事の中に入れて言及してください。はてなダイアリーからは言及が届かないと思うのでこの記事にURLをコメントして頂くか、投稿する記事をセルフブックマークしてidコールなどして頂ければ記事を拾いに行きます。

 

【募集要項・規定】

 以下のお題に沿った短編小説を募集します。字数制限は5000字以内とさせていただきます。原稿用紙10枚程度の文量でお願いします。今回も人称の縛りは原則なしとしますが、できれば三人称の文体で書くことを推奨します。

 

※三人称を推奨する理由※

 誰が見ても解釈の違いが出ない描写、とここでは定義します。例えば「この味噌汁はおいしそうだ」というのは個人の経験や味覚によって差異が生じますが、「この味噌汁はわかめと豆腐が入っている」というのは誰が見ても変わりません。主観を取り除いて事実を過不足なく伝えることを目標にしてみてください。主に感情に起因する表現(楽しい、嬉しいなど)や比喩表現などを控えた表現を心がけると言うことです。基礎的な文章の力をあげるために、物語や登場人物の性格などを考慮しない純粋な「文章」のみで表現し伝えることを目的に文章を書くことで、全体的な観察力や表現技術が向上すると考えます。

 

 また、クオリティの高いものを仕上げていただくために、原則「1人1編」にさせていただきたいと思います。出来ればひとつの作品を仕上げたら一晩おいて手を加えるなど、「作品」としての完成度を追求して頂けたらと思います。

 

 今月は散歩にふさわしい陽気のテーマです。

 

「靴」

 

 靴にまつわる思い出や、こんな靴があったらいいな、などあなたの想像力を物語に込めてみてください。

 

【締切・評価方法】

 月31日(火)深夜までの期間を投稿期間とします。締め切り厳守でお願いします。(また、投稿作品のまとめ記事の初回は20日以降に更新させていただきます。)

 

 また、主催者の感想は「初回参加者」のみとします。初回参加者は「初回です」と記事内に明記してください。

 2回目以降の参加者で感想を希望される方は、自身のブログで「自分の作品の振り返り」または「他の人の作品の感想」を書いてこのブログへ言及してから追加と言う形で感想を書きます。なおコメント欄やブコメで直接感想をつけるのは禁止しませんが、主催者に言及と言う形にならないので対象外とさせていただきます。また、ブクマが伸びると不要にピックアップされるはてブの性質上、このブログへの言及記事で感想を書くのが望ましいです。 

 

【その他】

 初心者枠という制度があります。普段「小説なんて……」と言う人でもチャレンジすることに意義があるというのがこの企画の趣旨です。「この企画で初めて書きました!」という人も多いので恥ずかしがらずに参加しましょう。

 また、作品の感想をブログで書いてブックマークをするとカテゴリが「テクノロジー」に反映されるようです。各々気が付いたらブックマークページで「暮らし」か「エンタメ」などにカテゴリ変更してください。

 

 あと、できれば締切に余裕を持ってもらえると、とっても嬉しいです。そしてもし自分の作品が漏れているということであれば、遠慮なく連絡してくださって構いません。

 

 それでは、今回もみなさんの作品がたくさん読めることを期待しています。

 

はてなサービス初心者のための記事出来ました】

novelcluster.hatenablog.jp

 

【第18回】短編小説の集い「桜の季節」 振り返りまとめ

 振り返りと感想まとめ記事です。「この場面はこう書けばよかったかも」ですとか「他の人の作品はこんな感じで面白かった」ですとか、そういった些細なことを書き留めておいたりするだけで世界がグンと広がります。

 

f:id:zeromoon0:20160305174316p:plain

 

masarin-m.hatenablog.com

 

lechatdusamedi.hatenablog.com

 

fnoithunder.hatenablog.com

 

ronpoku.hatenablog.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

※記事は随時追加していきます

【第19回】短編小説の集い「桜の季節」 総評

 桜の毒気にやられていました。遅れてすみません。

 

f:id:zeromoon0:20160305174316p:plain

 

〇今回は期間を40日ほどと延ばして作品を募集しました。合計6点の応募、ありがとうございます。細々と続けていく所存でございますので、よろしくお願いします。

 

〇昨年も同じ「桜の季節」をやったのですが、かなりベタな展開が多かった前回に対して、今回は個々人のバラエティな発想がそろった感じがします。このふわふわした季節を切り取ったような、清々しくてちょっぴりしんみりするような、そんなエピソード。

 

〇今回はストーリーで読ませるよりも、イメージを強烈に書いてくださる人が多かったのではないかと思います。もちろん小説ですのでストーリーがある程度ないといけないのですが、読者の心に残るのはやはりイメージなのです。「難解な殺人事件の謎を探偵が暴く」というのも面白いのですが、「カジキマグロに刺されて死亡」というのもなかなかインパクトがあって続きを読みたくなります。自分の場合ですが、作品の中にひとつ「ハイライト」を作って、もし映画の予告編にするのであればこのシーンを絶対入れたいと思うような場面を設定します。それからシーンを派生させていって、ひとつの作品を仕上げると言うような形です。一度複雑に考えてしまった設定を解いて、どんなシーンなら読者にインパクトを与えられるかというところに戻ってくると短編小説の面白さが増すと思います。

 

〇次回のお題発表は5月1日、締め切りは5月31日の予定です。例の如く振り返りや感想を受け付けますのでゆるりとどうぞ。

 

主催者の感想コーナー

lechatdusamedi.hatenablog.com

 

 はじめましてこんにちは。ふんわりとした人間関係が垣間見える、優しいアンソロジーのようになっていますね。ひとつの作品の中に様々な人間関係が盛り込まれていて、これから何か長い物語を書く前書きのようになっていると思いました。もし続きを書くのであれば、たとえば第一部であれば第一部のみを情景も交えて描写されると良いと思いました。結婚式の会場の詳しい様子やそこで交わされた会話など、演劇や映画の場面を説明するように書くと更に奥行きが広がると思いました。

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 毎月どうもありがとうございます。毎月というところで少し甘えてしまう感想なのですが、多分まさりんさんの文体と若者一人称って合わないと思うんですよ。特に中学生男子なんて大人から考えると基本的にかなりバカなので、言葉で細かく風景を感じたり相手の内心を推しはかったりするようなことがまず頭の中にないと思うんです。それを表情などから外部から鮮やかに描写するか、本気で一人称にするのであれば児童文学かそれこそケータイ小説になるしかないんですよ。シンイチの今までの感じからすると、半年前に死のうと思うくらい思いつめていたところから回復したとはいえ、割と自分でいっぱいいっぱいなのであそこまでベストアンサーを出されると何となく政治的に正しいベイマックスみたいな感じがして「正しい」けれども「らしさ」がなくなるかな、というのがあります。中学生や若者にしては、だいぶ落ち着き過ぎているなぁというのが正直な感想です。ちなみにこの辺の違和感がバリバリに詰め込まれたのが『ハッピーバースデー~命輝くとき』という読書感想文常連書籍です。「大人から見た都合のいい子供」なのか、「子供の子供らしさ」を書きたいのかでまた違ったところがあると思うのですが。また、感想や振り返りは義務ではないので、たまには投げっぱなしな時があってもいいと思います。今回は甘えた感想ですみません。

 

4/23 追加

fnoithunder.hatenablog.com

 

 久しぶりの参加どうもです。最初に「いいな!」と思ったのは少女の話し方です。どこかで見たことのあるテンプレートな少女の話し方ではなく、イチから「国連平和維持軍の片言で日本語を話す少女」を創っているなぁと思いました。そして中盤の展開でガッカリさせてからの物語の持ち上げ方も好きです。もう少し前回の話が具体的に入っていると、初めて読む人に親切だったと思います。

 

ronpoku.hatenablog.jp

 

 久しぶりの参加本当にありがとうございます。そしておかえりなさい。今回も冒頭の一文が素晴らしいです。単にこの文を書いている人の趣味と合うというところが大きいのですが、全体的にザラザラして「触感」を大事にしている文章なんですよ。そこで何かが完結していて、とても安定感があります。話の中身は外国の短編アニメーションのように荒唐無稽ですが「ビジュアル」と「触感」が鮮明であり、それこそが作者の思惑であるということが無駄のないところで伝わってきます。本当にありがとうございました。

 

diary.sweetberry.jp

 

 毎度の参加ありがとうございます。そしてクトゥルフに明るくないので完全にクトゥルフの文脈を読み取れていないことを申し訳なく思います。今回は女の子同士の友情と不信感の擦れ違いがメインですね。ここは思いきらないと難しいのですが、花見の警備の部分をごっそり削ってもいいのかなぁと思いました。「彼女から聞いた話」ということが大事なので全部削ることはできないので、「賑わっている花見の描写」を少し出すことからいきなり怖い話へ持っていくと話の落差で恐怖度が少し増すと思いました。もっと思い切ればもっとホラーテイストはいけると思うので、楽しみにしています。

 

【第19回】短編小説の集い 投稿作品一覧

 お待たせしました、今回の作品一覧です。桜も各地で開花宣言があり、これから数週間のどかならぬ時期がはじまります。締め切りは4月10日ですので気になった方は是非参加してみてください。

 

f:id:zeromoon0:20160305174316p:plain

 

 

lechatdusamedi.hatenablog.com

 

ronpoku.hatenablog.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

masarin-m.hatenablog.com

 

fnoithunder.hatenablog.com

 

nisinao.hatenablog.com

 

 

※募集は締め切りました。おつかれさまでした。

 

【参考作品】

nogreenplace.hateblo.jp

 

 

【第19回】短編小説の集いのお知らせと募集要項(※必読)

募集要項

 世俗のしがらみや承認欲求に疲れた紳士淑女の皆様、ようこそいらっしゃいました。ここでは目の前の純粋な表現だけを追究して楽しみましょう。

 

※今月より開催期間が変更になります。募集要項をよくご覧ください。

【連絡】短編小説の集いの今後の方針です。 - 短編小説の集い「のべらっくす」

 

f:id:zeromoon0:20160305174316p:plain

 【企画概要】

 短編小説を各ブログにアップしてもらい、このブログでまとめます。その後主催者が総評を行い、参加者同士で任意に自身の作品の振り返りや他の参加者の感想などもまとめていきます。

 

【企画の目的】

 はてなブログ内では「小説」をメインにしたブログが他のサービスより目立たず、せっかく情緒的な文章を書く人がいてもなかなか話題にならないので、ひとつ企画を立てることで小説の力っていうのを見せるのがひとつです。ほかに文章力を身に着けたい! と思っても「読者がいない!」とか「自分の文章はどうおかしいのかわからない!」という人が客観的に自己の文章を見直すきっかけになればと思います。

 

【参加条件・参加方法】

 はてなブログはてなダイアリーからの投稿に限らせていただきます。
はてな匿名ダイアリーからは受け付けません!)


 はてなブログをお持ちの方はこの記事のURLを投稿する記事の中に入れて言及してください。はてなダイアリーからは言及が届かないと思うのでこの記事にURLをコメントして頂くか、投稿する記事をセルフブックマークしてidコールなどして頂ければ記事を拾いに行きます。

 

【募集要項・規定】

 以下のお題に沿った短編小説を募集します。字数制限は5000字以内とさせていただきます。原稿用紙10枚程度の文量でお願いします。今回も人称の縛りは原則なしとしますが、できれば三人称の文体で書くことを推奨します。

 

※三人称を推奨する理由※

 誰が見ても解釈の違いが出ない描写、とここでは定義します。例えば「この味噌汁はおいしそうだ」というのは個人の経験や味覚によって差異が生じますが、「この味噌汁はわかめと豆腐が入っている」というのは誰が見ても変わりません。主観を取り除いて事実を過不足なく伝えることを目標にしてみてください。主に感情に起因する表現(楽しい、嬉しいなど)や比喩表現などを控えた表現を心がけると言うことです。基礎的な文章の力をあげるために、物語や登場人物の性格などを考慮しない純粋な「文章」のみで表現し伝えることを目的に文章を書くことで、全体的な観察力や表現技術が向上すると考えます。

 

 また、クオリティの高いものを仕上げていただくために、原則「1人1編」にさせていただきたいと思います。出来ればひとつの作品を仕上げたら一晩おいて手を加えるなど、「作品」としての完成度を追求して頂けたらと思います。

 

 今月は昨年と同じく、この季節にちなんだものです。

 

「桜の季節」

 

 桜の花にまつわるエピソードや、桜の咲く時期の出会いや別れを印象的に表現してみてください。

 

【締切・評価方法】

 月10日(日)深夜までの期間を投稿期間とします。締め切り厳守でお願いします。(また、投稿作品のまとめ記事の初回は20日以降に更新させていただきます。)

 

 また、主催者の感想は「初回参加者」のみとします。初回参加者は「初回です」と記事内に明記してください。

 2回目以降の参加者で感想を希望される方は、自身のブログで「自分の作品の振り返り」または「他の人の作品の感想」を書いてこのブログへ言及してから追加と言う形で感想を書きます。なおコメント欄やブコメで直接感想をつけるのは禁止しませんが、主催者に言及と言う形にならないので対象外とさせていただきます。また、ブクマが伸びると不要にピックアップされるはてブの性質上、このブログへの言及記事で感想を書くのが望ましいです。 

 

【その他】

 初心者枠という制度があります。普段「小説なんて……」と言う人でもチャレンジすることに意義があるというのがこの企画の趣旨です。「この企画で初めて書きました!」という人も多いので恥ずかしがらずに参加しましょう。

 また、作品の感想をブログで書いてブックマークをするとカテゴリが「テクノロジー」に反映されるようです。各々気が付いたらブックマークページで「暮らし」か「エンタメ」などにカテゴリ変更してください。

 

 あと、できれば締切に余裕を持ってもらえると、とっても嬉しいです。そしてもし自分の作品が漏れているということであれば、遠慮なく連絡してくださって構いません。

 

 それでは、今回もみなさんの作品がたくさん読めることを期待しています。

 

はてなサービス初心者のための記事出来ました】

novelcluster.hatenablog.jp

 

【第17回】短編小説の集い 振り返りまとめ

感想まとめ

 今月から「振り返りまとめ」にします。他の人の作品の感想を無理に書かなくてもいいよってことです。自分の作品の振り返りでいいんです。

 

f:id:zeromoon0:20160219092142p:plain

 

【他の方への感想】

diary.sweetberry.jp

 

diary.sweetberry.jp

 

masarin-m.hatenablog.com

 

nerumae.hateblo.jp

 

【ご自身の振り返り】

masarin-m.hatenablog.com

 

diary.sweetberry.jp

 

nerumae.hateblo.jp