読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説の集い「のべらっくす」

月1で出題されるお題に沿って短編小説を書く企画です。

【第27回】短編小説の集い「青春」 振り返りまとめ

感想まとめ

 振り返り、感想記事のまとめです。参加してない方でも書いてよいのですよ。

 

f:id:zeromoon0:20170202125033p:plain

masarin-m.hatenablog.com

【第27回】短編小説の集い「青春」 総評

総評

 あと少しですが頑張っていきましょう。

 

f:id:zeromoon0:20170202125033p:plain

 

〇今月のお題は年も明けたばかりなので「青春」ということで「いかにも青臭い学生っぽい話」というものでしたが、やはり青春時代を過ぎた人が改めて青春に立ち返ると言うのは結構難しいのだろうかと思いました。上達したい方々におかれましては様々なキャラクターを作るために様々な年代の人になりきって書くと言う経験はどこかでしておいてほしいなと思いました。おじいさんから幼児まで、その思考の特徴なんかを押さえておくといいかもしれないですね。

 

〇ローティーンからハイティーンの登場人物を書くときに主催者が個人的に気を付けていることは、思考が次から次にいきおいよく飛んでいき、最初と最後で整合性が合わなくなるようにするということです。いきなり突拍子もないことを言い出したり、言動が一致しないことがあると全体的に「子どもっぽく」なります。逆に大人でこういう人は不審者になってしまうのでそういう演出をしたいときはそうしています。これらを引き起こしているのは「視野の狭さ」で、それがどんどん解消されていく「青春時代」というのは好奇心と言うパワーに満ち溢れた素晴らしい時代ですね。

 

〇次回でこの企画もおしまいなのですが、特に何事もなく終わると思います。来月は参加作品全部に感想付けるです。よろしくお願いします。

 

【主催者の感想】

tmtkkiyyy.hatenablog.com

 

 はじめましてこんにちは。「青春」というお題でやってほしかった「整合性のないどうでもいい思考の垂れ流し」をばーっとやってくださったのがすごくうれしいです。改行もほとんどなくて、幸子の自己分析のような「誰もそんなこと聞いてないよ」という情報をどこまでも羅列していくスタイルに女子中学生の「自分は誰なのか」というモヤモヤと居場所の居心地の悪さを感じました。「ここにいるアタシはまだ本当の私ではないから」とどこかで言い訳をしているようです。十年後の幸子のドライな心持ちがより「そういう時代」を引き立てていてよかったです。

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 まさりんさんですので端的に述べますと、正直これを読んで「作者は何がしたいのかな」というのが見えませんでした。振り返りも考えまして、「自分が思ってもいないことを書く」ということに抵抗があるのであれば、無理に何かを書く必要はないと思います。小説と言うのは「読者」がいて成立する部分も非常に多いです。今回の作品には「作者が見せたいもの」というのが謎解きと言う意味ではなく意図的に作者によって隠されているような気がして、読者の視点からはぼやけて見えたかなと言う印象です。おそらくまさりんさんはあることないこと書くというタイプではなく自分の経験から綿密に文章を作り上げていくタイプだと思われます。そうすると最終的に「自分を切り売りしていくタイプ」になって、ブロガー風に言いますと炎上に繋がる心理状態なんじゃないかと思うのです。まずは自分を大切にしてください。そして原点に戻ってみると言うのもとても大事ですよ。また4人組をメインにしてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

 

※あとは確認次第追加します。

【第28回】短編小説の集いのお知らせと募集要項(※必読)

募集要項

 世俗のしがらみや承認欲求に疲れた紳士淑女の皆様、ようこそいらっしゃいました。ここでは目の前の純粋な表現だけを追究して楽しみましょう。

 

※今回をもってはてなブログでの募集を無期限の休止とします。長い間ありがとうございました。

 

f:id:zeromoon0:20170301140411p:plain

 

【企画概要】

 短編小説を各ブログにアップしてもらい、このブログでまとめます。その後主催者が総評を行い、参加者同士で任意に自身の作品の振り返りや他の参加者の感想などもまとめていきます。

 

【企画の目的】

 普段より「小説を書いてみたい」と思っている方は多いと思います。しかし「どうやって書いたらいいのかわからない」「下手くそで恥ずかしい」「書いても見せる人がいない」などの理由でチャレンジすることをためらう方もいるのではないでしょうか。この企画ではそんな「書いてみたい」という気持ちをとりあえずぶつける場所を設けることを目的としています。下手でも構いませんし、初めての人は大歓迎です。更に他の参加者の作品を読んで感想を書くことでスキルアップも果たすことが出来ます。

 

【参加方法】

1 はてなブログから参加する方法

 この募集要項の記事のURLをそのまま記事に記載してください。リンクを貼ることで自動的に主催者に通知が届きます。また、「作品一覧に掲載されるのは恥ずかしいけど参加はしてみたい」という方はお題機能を活用してください。お題機能のみで通知が届いた作品に関しては作品一覧や主催者の感想の対象外になります。

 

お題「短編小説の集い「桜の季節」」 - はてなブログ

 

2 はてなブログ以外から参加する方法

 この募集要項の記事のコメント欄に参加する旨と作品を載せた記事のURLを記入してコメントしてください。参加表明のみのコメントは原則非公開にしますが、確認はしていますので安心してください。企画自体についてのコメントなどは公開します。

 また、はてな匿名ダイアリーなどの匿名掲示板やTwitterなどミニブログカクヨムなどの小説投稿サイトからの参加はご遠慮いただいております。その他企画に沿わないと判断した応募も掲載しない場合もあります。詳しくは追加ルールに関する記事をご覧ください。

 

【募集要項・規定】

 以下の規定に沿った短編小説を募集します。

 字数制限は5000字以内とさせていただきます。原稿用紙10枚程度の文量でお願いします。人称の縛りは原則ありませんが、できれば三人称の文体で書くことを推奨します。

※三人称を推奨する理由※

 誰が見ても解釈の違いが出ない描写、とここでは定義します。例えば「この味噌汁はおいしそうだ」というのは個人の経験や味覚によって差異が生じますが、「この味噌汁はわかめと豆腐が入っている」というのは誰が見ても変わりません。主観を取り除いて事実を過不足なく伝えることを目標にしてみてください。主に感情に起因する表現(楽しい、嬉しいなど)や比喩表現などを控えた表現を心がけると言うことです。基礎的な文章の力をあげるために、物語や登場人物の性格などを考慮しない純粋な「文章」のみで表現し伝えることを目的に文章を書くことで、全体的な観察力や表現技術が向上すると考えます。

 

 

 また、クオリティの高いものを仕上げていただくために、原則「1人1編」にさせていただきたいと思います。出来ればひとつの作品を仕上げたら一晩おいて手を加えるなど、「作品」としての完成度を追求して頂けたらと思います。

 

 最後のお題はこちらです。

 

「桜の季節」

 

 出会いと別れ、そして再生の季節の春を切り取ったお話をお待ちしています。

 

【締切・評価方法】

 3月31日(金)深夜までの期間を投稿期間とします。締め切り厳守でお願いします。(投稿作品の一覧記事の作成は20日以降に更新させていただきます。)

 締め切り後5日~10日を目安に主催者から総評と感想を載せた記事を作成します。なるべく頑張りますので気長にお待ちください。

 今回は最後なので久しぶりに全員感想を返そうと思います。たくさん応募が来ても頑張りますのでよろしくお願いします。

 なおコメント欄やブコメで直接感想をつけるのは禁止ではありませんが、主催者に言及と言う形にならないので主催者からの感想の対象外とさせていただきます。また、ブクマが伸びると不要にピックアップされるはてブの性質上、このブログへの言及記事で感想を書くのが望ましいです。

 

【その他】

 初心者枠という制度があります。普段「小説なんて……」と言う人でもチャレンジすることに意義があるというのがこの企画の趣旨です。「この企画で初めて書きました!」という人も多いので恥ずかしがらずに参加しましょう。少しでも「やってみたい」と思うのであれば、まずは形にしてみましょう。この企画において「下手だから、わからないから参加できない」は禁句です!!!

 また、作品の感想をブログで書いてブックマークをするとカテゴリが「テクノロジー」に反映されるようです。各々気が付いたらブックマークページで「暮らし」か「エンタメ」などにカテゴリ変更してください。

 あと、できれば締切に余裕を持ってもらえると、とっても嬉しいです。そしてもし自分の作品が漏れているということであれば、遠慮なく連絡してくださって構いません。

 

 それでは、今回もみなさんの作品がたくさん読めることを期待しています。

 

はてなサービス初心者のための記事出来ました】

novelcluster.hatenablog.jp

 

【note版を開催することにしました】

note.mu

 

今後の方針についてのお知らせ

 いつも「短編小説の集い」を気にかけてくださいありがとうございます。おかげさまで本企画も27回も開催することが出来ました。特別企画も入れれば、30近い様々な募集で様々な作品が集まり、皆様のお心を楽しませることができたのではないかと感じております。

 

 しかし、昨今の参加数の減少に加え、時間の経過とともに本企画の主旨である「自分の文章を客観的に見る」の部分を果たすことが難しくなってきたことを感じまして、次回の3月の募集をもちましてはてなブログでの作品の募集を無期限で休止しようと考えました。支持してくださる皆様には申し訳ありませんが、この形態での募集にはそろそろ限界があると判断しました。今までたくさんの作品をありがとうございました。

 

 ただ、全くおしまいにするのは勿体ないので、noteの方で引き続き小説のお題提供と主催者コメントは行っていこうと考えています。noteには小説を書かれている方がたくさんいますので、興味のある方はそちらに移動していただければ幸いです。プレ開催が終わったのち、note内だけではなく全てのブログサービスを対象にする予定ですのではてなブログからの参加も可能です。

 

note版「短編小説の集い」開催します!|霧夢|note

 

 それでは、次回がはてなブログ開催の最後となりますがお付き合いいただければと思います。テーマは毎回恒例の「桜の季節」です。よろしくお願いいたします。

 

【第27回】短編小説の集い 投稿作品一覧

 今月の作品一覧です。

 

f:id:zeromoon0:20170202125033p:plain

tmtkkiyyy.hatenablog.com

 

nogreenplace.hateblo.jp

 

masarin-m.hatenablog.com

 

diary.sweetberry.jp

 

※募集は締め切りました。おつかれさまでした。

【第27回】短編小説の集いのお知らせと募集要項(※必読)

募集要項

 世俗のしがらみや承認欲求に疲れた紳士淑女の皆様、ようこそいらっしゃいました。ここでは目の前の純粋な表現だけを追究して楽しみましょう。

 

※度重なるルール改定のため募集要項を新しくしました。常連の方も再度ご一読ください。

 

f:id:zeromoon0:20170202125033p:plain

【企画概要】

 短編小説を各ブログにアップしてもらい、このブログでまとめます。その後主催者が総評を行い、参加者同士で任意に自身の作品の振り返りや他の参加者の感想などもまとめていきます。

 

【企画の目的】

 普段より「小説を書いてみたい」と思っている方は多いと思います。しかし「どうやって書いたらいいのかわからない」「下手くそで恥ずかしい」「書いても見せる人がいない」などの理由でチャレンジすることをためらう方もいるのではないでしょうか。この企画ではそんな「書いてみたい」という気持ちをとりあえずぶつける場所を設けることを目的としています。下手でも構いませんし、初めての人は大歓迎です。更に他の参加者の作品を読んで感想を書くことでスキルアップも果たすことが出来ます。

 

【参加方法】

1 はてなブログから参加する方法

 この募集要項の記事のURLをそのまま記事に記載してください。リンクを貼ることで自動的に主催者に通知が届きます。また、「作品一覧に掲載されるのは恥ずかしいけど参加はしてみたい」という方はお題機能を活用してください。お題機能のみで通知が届いた作品に関しては作品一覧や主催者の感想の対象外になります。

 

お題「短編小説の集い「青春」」 - はてなブログ

 

2 はてなブログ以外から参加する方法

 この募集要項の記事のコメント欄に参加する旨と作品を載せた記事のURLを記入してコメントしてください。参加表明のみのコメントは原則非公開にしますが、確認はしていますので安心してください。企画自体についてのコメントなどは公開します。

 また、はてな匿名ダイアリーなどの匿名掲示板やTwitterなどミニブログカクヨムなどの小説投稿サイトからの参加はご遠慮いただいております。その他企画に沿わないと判断した応募も掲載しない場合もあります。詳しくは追加ルールに関する記事をご覧ください。

 

【募集要項・規定】

 以下の規定に沿った短編小説を募集します。

 字数制限は5000字以内とさせていただきます。原稿用紙10枚程度の文量でお願いします。人称の縛りは原則ありませんが、できれば三人称の文体で書くことを推奨します。

※三人称を推奨する理由※

 誰が見ても解釈の違いが出ない描写、とここでは定義します。例えば「この味噌汁はおいしそうだ」というのは個人の経験や味覚によって差異が生じますが、「この味噌汁はわかめと豆腐が入っている」というのは誰が見ても変わりません。主観を取り除いて事実を過不足なく伝えることを目標にしてみてください。主に感情に起因する表現(楽しい、嬉しいなど)や比喩表現などを控えた表現を心がけると言うことです。基礎的な文章の力をあげるために、物語や登場人物の性格などを考慮しない純粋な「文章」のみで表現し伝えることを目的に文章を書くことで、全体的な観察力や表現技術が向上すると考えます。

 

 

 また、クオリティの高いものを仕上げていただくために、原則「1人1編」にさせていただきたいと思います。出来ればひとつの作品を仕上げたら一晩おいて手を加えるなど、「作品」としての完成度を追求して頂けたらと思います。

 

 今月は少し異色なお題です。

 

「青春」

 

 思春期のドキッとした甘酸っぱいエピソードや大人になる直前のせつないお話をお待ちしています。

 

【締切・評価方法】

 2月28日(火)深夜までの期間を投稿期間とします。締め切り厳守でお願いします。(投稿作品の一覧記事の作成は20日以降に更新させていただきます。)

 締め切り後5日~10日を目安に主催者から総評と初回参加者に限り個別の感想を載せた記事を作成します。なるべく頑張りますので気長にお待ちください。

 2回目以降の参加で感想を希望される方は、自身のブログで「自分の作品の振り返り」または「他の人の作品の感想」を書いてこのブログへ言及してから追加と言う形で感想を書きます。自分の作品で「こうすればよかった」という面や他の人の作品の良いところなどを記事にすることは非常に勉強になりますので、強くお勧めします。

 なおコメント欄やブコメで直接感想をつけるのは禁止ではありませんが、主催者に言及と言う形にならないので主催者からの感想の対象外とさせていただきます。また、ブクマが伸びると不要にピックアップされるはてブの性質上、このブログへの言及記事で感想を書くのが望ましいです。

 

【その他】

 初心者枠という制度があります。普段「小説なんて……」と言う人でもチャレンジすることに意義があるというのがこの企画の趣旨です。「この企画で初めて書きました!」という人も多いので恥ずかしがらずに参加しましょう。少しでも「やってみたい」と思うのであれば、まずは形にしてみましょう。この企画において「下手だから、わからないから参加できない」は禁句です!!!

 また、作品の感想をブログで書いてブックマークをするとカテゴリが「テクノロジー」に反映されるようです。各々気が付いたらブックマークページで「暮らし」か「エンタメ」などにカテゴリ変更してください。

 あと、できれば締切に余裕を持ってもらえると、とっても嬉しいです。そしてもし自分の作品が漏れているということであれば、遠慮なく連絡してくださって構いません。

 

 それでは、今回もみなさんの作品がたくさん読めることを期待しています。

 

はてなサービス初心者のための記事出来ました】

novelcluster.hatenablog.jp

 

【note版を開催することにしました】

note.mu

 

お正月特別ワークショップ「文章スケッチの広場・改」作品一覧

投稿作品一覧

 お待たせしました、「文章スケッチ・改」の作品を紹介します。なお、作品数が少ないためにこの企画に関しては締め切りを無期限に延ばすことにします。短編小説がお休みのときや気が向いたときなどに是非取り組んでもらいたいと考えています。

 

masarin-m.hatenablog.com

 

 

※以降、確認次第追記していきます。